男女の違い

girl is thinking

これまで薄毛の悩みといえば男性のものと考えられてきましたが、最近では女性でも多くの方が悩みを持っています。もちろん、遺伝や食生活などを含む生活週間、そして過度のストレスななどといったことは男女で共通ですが、男性と女性では薄毛の原因、メカニズは大きく違います。つまり薄毛治療方法も大きく変わってくるんです。
誰もしってのとおり、男性の薄毛や抜け毛の原因は男性ホルモンにあります。この男性ホルモンが強いほど毛髪の成長を妨げると考えてられています。
一方で女性の薄毛や抜け毛の原因は、ホルモンバランスの乱れだと考えられています。ですので、女性は更年期が迎えてから抜け毛が増えます。つまり、女性ホルモンの分泌が減っているんです。このせいで、女性の中にある男性ホルモンが女性ホルモンより多くなり、抜け毛が増えてしまうんです。これは、更年期を過ぎてからだけではなく、妊娠や出産、無理なダイエットによって起こりうることもあるんです。
このように原因がちがうので、それぞれに適した薄毛治療が必要となります。男性には薄毛治療薬として広く知られるプロペシアと、発毛成分であるミノキシジルを含む外用薬を併用することが一般的です。
女性の場合は特効薬のようなものはなく、ストレスがなく、栄養のバランスの取れた食事をするなどの生活習慣の改善で抜け毛を予防していきます。ですので、女性は個々に違う薄毛の原因をしっかりと見極める必要があるんです。
以上のように一口に薄毛治療といっても男女で大きく違ってきます。事前に原因をよく知ることが薄毛治療の近道でもあるんです。